カウンセリング

若い人に多い精神病

気分が沈んで何もできなくなるうつの症状と違って、非定型うつはある程度元気なので周囲が気づきづらいです。若い年代に起こりやすい非定型うつは一般的なうつ病とは、かなり特徴が違うので注意しなければいけません。

詳しく見る

悩む人

きちんと治療して一歩前進

未だに非定型うつについては明らかになっていない部分もありますが、大切なのは医療機関での適切なケアです。抗うつ薬や行動療法などを通して本人の意識を変えることも治療には有効と言われており、多様なケアを試すことも必要でしょう。

詳しく見る

女医

もしかして病気かも

個人の性格や考え方だと思われがちな非定型うつは、病気と認知されずに治療までに時間がかかってしまうこともあります。心身に変化が起きたなと感じたら、出来るだけ早く心療内科や精神科で適切なケアを受けて治療を進めましょう。

詳しく見る

症状を疑えば病院へ

看護師

精神的病を疑うときとは

非定型うつにかかってしまった人の多くは、そのまま放置していた期間が長かったといいます。病院で診てもらったときは症状がひどくなってしまい、仕事を辞めざるをえなかったり、その場所にいることがつらいことから引っ越すようになったりする人もいます。非定型うつは早期に発見することが大切です。人によっては、非定型うつにかかってしまったと認識しても、そのまま放置すればいずれ治るのではないか、症状が改善されるのではないかと考えて治療を受けない人も存在しています。自然治癒で治すことができないというわけではありません。しかしその場合は、症状が現れることのないよう生活習慣を改善させ、規則正しい生活を行い、生活環境も改善するためストレスを感じる場所から離れることができれば、またはストレスを解消できる方法を見つけることができれば治すことができるかもしれません。ですが、病気にかかってしまった人の多くは、なかなか生活習慣を改善させることに時間がかかります。それは治療をしていきながら行うもので、症状が改善されずに生活習慣を改善させていくことは至難の業といえるかもしれません。しっかりと病気を治すことができるようにするためにも、疑うような症状が現れれば医師に診てもらうことが望ましいといえます。もし病気でなければどうしようと考えてしまい、病院へ行くことを躊躇してしまう人もいます。しかし病気でなければ、それで安心して良いわけです。医師は病気かどうかを診断する存在なので、たとえ病気にかかっていなくても疑いを晴らすことができればそれで良いこととなります。しかしなかには、どのような病院で診てもらえば良いのかわからないという人も存在しています。非定型うつの場合は、心療内科や精神科となっています。しかし人によっては、自分自身がどのような病気になっているのかわからない場合もあります。非定型うつを抱えてしまっている人は、精神的な症状のほかにも身体的な症状が現れることもあります。吐き気やめまい、頭痛、腹痛など、もしかすると何か大病を抱えてしまっているのではないかと不安を感じることもあります。そして心療内科や精神科ではなく、内科で診てもらうこともあります。内科で診てもらっても、何も悪いところがないと医師に伝えられ、人によっては「突き放された」と不快感を覚えることもあるといいます。もし、何度か内科で診てもらい身体的な症状が見つからなければ、精神的な病にかかっているのではないかと疑うことも必要となる場合があります。そのような場合は心療内科や精神科で診てもらうことで病気を発見することも十分にあります。特に非定型うつの場合は、そのケースが多々あり、そこで初めて病名を知ったという人も少なくありません。医師に診断されても病気が見つからず、症状だけをずっと感じるだけでは常に不安と隣り合わせとなります。不安が積み貸さなければ、精神的な負担はかかるばかりです。負担をかけ症状が悪化する前に、身体的な症状が見つからない場合は、精神的な治療に取り組む専門医師に診てもらうことを、選択肢の1つとして入れることも大切です。自分自身をいたわることができるようにするためにも、放置をすることは良くありません。

Copyright© 2018 非定型うつの治療【精神的な治療に取り組む専門医師に診てもらう】 All Rights Reserved.